野外で変わる女性の印象♪

野外で変わる女性の印象♪

夏と言えば海や川など、アウトドアで遊べるところがたくさん増えます。

特に夏には海が大人気になります。

私は日焼けが怖くあまり海に行く事はありませんが…。

海辺でバーベキューをしてみたいと思う事があります。

海辺ではありませんが、毎年地元の友人達とバーベキューを行います。

自宅から歩いてスグにある河川敷で毎年バーベキューをしていました。

バーベキューセットは友人が持っている為、後は材料さえあれば行う事が出来ます。

大勢でバーベキューをする時には、各自材料を分担して購入していました。

大勢でバーベキューをすると、その分お金がかかるイメージですが…。

割り勘にするとかなり安く材料を揃える事が出来ます。

お酒やお菓子、飲み物などを購入しても食べに行くよりも安くなります。

何度かバーベキューをしている内に判った事ですが…。

バーベキューは女性の印象がはっきりと判るイベントだと思います。

普段はぼーっとしている友人でも、いざバーベキューを始めると的確に指示を出し頼りになる友人に変わります。

アウトドアで頼りになる女性は格好良いと思いますね。

アウトドアに関しては男性よりも頼りになる女友達もたくさん居ます。

私の仲間内では、多分女性の方が張り切るタイプなのだと思います。

男性はと言うと…指示通りに動き力仕事を任されています(^^;)

もちろん仲間内の中には食べる専門の友人も居ます。

食べる専門の友人はいつも「邪魔しないようにしとくね」と言って出来上がるのを待っている状態になります。

私は食べる専門ではありませんが、飲む専門です。

バーベキューが始まる前からお酒を飲んでいる為、私もいつも邪魔にならないように横で待っています。

印象で言うと最悪な女性だと思いますね。

テキパキと動く女性の友人を見ていると、輝いて見えます。

仲間内でもそういった普段は見せない面を見ると、何だか「おぉ!」と感動してしまいます。

アウトドアなどの時には、男性と一緒になって頑張ってくれる女性が喜ばれるそうです。

あまりテキパキと指示ばかりをし過ぎると、男性はダラけてしまうので…。

適度な指示と適度な会話を挟むと良いのかもしれませんね。

今年はバーベキューをしていませんが…。

また地元に帰ったら友人達とバーベキューをしたいと思います。

大阪のお見合いパーティー

伝説の料理

「僕の婚約者は料理上手なんだ。」と同僚に自慢をした私の彼。

母は、幻想を見ている…とその話を聞いた時に青ざめていました。

お味噌汁位なら作れます。

でも、張り切って凝った料理(レシピで5手間以上あるもの)をつくると…。

伝説の料理を作ってしまうんです。

忘れられない悪夢のような料理が。

ここまで、すざまじいものを作れるなんて、ある意味私は天才かもしれない。

伝説の料理の第3位:鍋

「まずいっ!」と絶叫されたのは鍋。

「ここまでまずい鍋初めて食べた。というか、まずい鍋を生まれて初めて食べた。」

家族に呆れられた鍋は、甘粕風味の香草と豚しゃぶの鍋です。

料理教室で習った本格料理。甘粕を風味づけに加え、酒と水を1対1でわって沸騰させた鍋に香草と豚しゃぶをいれ、醤油とみりんを1:1でわったつけタレで食べるというものです。

「なんで鍋で失敗するの?」

と思う人もいるかもしれない。でも、私は…酒を入れ過ぎたらしいのです。しかも、つけタレをなみなみとそそいでしまった…すなわちしょっぱい。

そして豆腐は生煮えでした…。

外は熱々、中はひんやり。

伝説の料理の第2位:油スープ

中華の達人の本格レシピを引用し、白菜と肉団子を素揚げして、スープに仕立てるというものです。

が、白菜の代わりに使ってしまったのが水菜。

しかも、じっくりあげてしまったのです。

結果…水菜が油を大量に吸収し、スープの8割はサラダ油でできている油スープが完成しました。

油を飲んでいるイメージですね。

伝説の料理の第1位:グラタン

鮭を使ったグラタンを作りました。鮭の香りとポテトの風味が混ぜ合わさった美味しいグラタンには…ならず。

グラタンなのに、水ぽい。グラタン皿の中身の半分はどす黒い灰色の液体に浸水している。

そこにスプーンを差し入れて、具をすくいだすと、出てきたのは 目玉。

これらは、すべて実際に起こった出来事です。

現実として…私の家族はこの恐怖を体験しました。

アレンジしてしまうのがミスの原因ですよね。

でも、ぽやんとしている私の性格上、なかなか本の通りに作れず…

というか、本の通りに作っても、できあがりが伝説。

料理上手への道は、長く、険しいです。